秋田犬保存会とは

秋田犬保存会とは、「秋田犬(あきたいぬ)」の本質に基づく体形の固定化や様々な要素の向上を図り、良質犬の飼育・繁殖と純粋種の保護に寄与し、国内はもとより海外へも世界の犬種として発展させることを目的とした団体です。

秋田犬保存会本部外観
展覧会写真

秋田犬保存会概要

本会は昭和2年5月に当時の大館町長泉茂家氏によって設立された。
これは此の地方に古代から伝承された土着犬(大館犬)が、闘犬がさかんになった事によって種族的な血液の混濁をきたし、雑種化されてゆくのを憂えての処置であったという。
組織的な運営は容易ではなかったようであるが、昭和9年頃からは次第に軌道にのり、先ず犬籍登録が実施され、つづいて同13年には秋田犬標準も制定し展覧会が開催されるようになったが、戦争によって一時中断された。

戦後はいちはやく復活、昭和22年からは展覧会を開催し、昭和24年からは会報「秋田犬」が発行されるようになり、昭和28年5月に社団法人組織へ移行、平成27年5月に公益社団法人へ移行、運営されている。

昭和24・5年頃からは全国各地に支部、総支部の設立がはじまって、現在では、東北北海道、関東、関東中央、東海北陸、関西、中国四国、中国瀬戸内、九州に総支部が置かれ、その管下には50余の支部があり、海外には、米国、中国、台湾、ロシア、ヨーロッパにクラブがある。そうして春秋2回の本部展・総支部展は勿論、各支部は年間1~2回の展覧会を開催し、それ以外に観賞会や研究会を随時催している。

尚、本会は昭和52年度が創立50周年に当り、それを記念して秋田犬会館が設立された。1階は本部事務室、2階が会議室で3階が秋田犬博物室になっており、我が国犬種団体唯一の博物室として高く評価されている。

秋田犬保存会内観1
秋田犬保存会内観2
 
本部所在地〒017-0897
秋田県大館市三ノ丸13-1



電話番号0186-42-2502
FAX番号0186-49-0085
メールアドレスakitainu@akitainu.sakura.ne.jp
能代幸寿荘について
犬舎概要
 
Language »
error: Content is protected !!