能代幸寿荘の歩み

本瀬 純一

1975年代表 本瀬 純一が13歳の時、秋田犬(白牝)を購入し、秋田犬愛好家となる
1976年14歳で秋田犬保存会入会(現 公益社団法人 秋田犬保存会) 入会時から近年まで3人の大先輩から指導を受け、展覧会を目指し同時に繁殖も行う。
1990年4月~ 「能代幸寿荘」として起業。
まもなく展覧会で上位入賞を果たす。
その後、上位入賞を機に仔犬販売、仲介を行うようになり秋田犬ブリーダーとして精力的に活動を続け、現在に至る。

ご指導を受けた先輩方

犬舎八幡平 山本 儀輔氏(秋田犬保存会 審査部副部長を歴任)

大門号、八ツ房号、北山号等本部展一席犬、名誉章犬を多数作出し、後世の秋田犬作りに大きく貢献。
秋田犬の基本と「繁殖」ではなく「作出」だという事を学ぶ。

中仙洞 熊谷 良久氏

山本 儀輔 氏とは違う形で詳細に、作出(繁殖)の考え方を学ぶ。特に理想とする虎の毛色、仔犬時の見分け方等現在私が考える秋田犬の見方・考え方に大きく影響している。

展覧会の受賞実績

本部展写真

本部展(全国大会)

一席受賞 11回
名誉章 3回(名誉章とは本部展で授与される秋田犬最高賞)

犬舎表彰

4回
(成犬に授与される特優評価 5頭作出で表彰。計20頭作出)

その他実績

2012年:ゆめ号(ロシア プーチン大統領愛犬)

父犬は当犬舎所有で、本瀬指導により交配、繁殖

2018年:MASARU号(ロシア フィギュアスケート ザギトワ選手愛犬)

母犬は当犬舎生まれ、生後50日から当犬舎で飼育管理し、出国に伴うマイクロチップ埋込、狂犬病予防接種等準備を行う。

2018年:勝雄号(元横綱 朝青龍愛犬)

父犬は当犬舎所有で交配、繁殖し兄弟犬の中から選定する。

2020年:KIMI号(駐日ヨルダン大使愛犬)

当犬舎生まれ、当犬舎で飼育管理し今年9月、自ら大使公邸に届ける。

犬舎概要
秋田犬保存会について
 
Language »
error: Content is protected !!