本日も昨日の話題には触れません。

昨年12月26日当犬舎で出産がありました。本来であれば今頃1回目の虫下しが終り、離乳食を食べておりました。
”本来であれば”というのは全部死産だった為です。昴(乱丸の母)×乱艶の交配であり楽しみにしていたので非常に残念でした。原因は昴の年齢のためと思われます。前回は5匹生まれ無事育ったのが2頭だったため、全滅するとは思っておりませんでした。
しかしもう一度挑戦してみます。
加えて先日出産の報告があった子犬も、母犬(初産)の乳の出が極端に悪く3匹全部死んでしまいました。
でも、乱艶×覚助女(127回本部展若犬一席 愛菜号同胎)からは虎牡1匹だけ生まれ、現在40日順調に成長してます。昨日写真が届きましたが、なかなかの面構えをしており期待の持てる犬ではないかと思ってます。

Language »
error: Content is protected !!