強風と今にも泣きそうな空の下、濡れるのを覚悟した今朝の散歩でしたが濡れずに済みました。って言うか未だに(8時過ぎ)降ってません。
ところで、ここ2~3日余震が頻繁ですね、いつまで続くのでしょうか?余震によるさらなる被害も心配ですが、私は被災者の皆さんの心労が非常に心配です。いつ余震がくるのかいつも頭に中にある状態で生活しなければならない。つまり心が休まる暇がない・・・。
少し観点が違いますが、今回の大震災を石原都知事は天罰だと発言しました。それに対し私の意見はありませんが、政治評論家の三宅久之氏とコラムニストの勝谷誠彦氏の話を紹介します。日本人には傲り高ぶる心がある、大いに反省すべきではないか。関連して、天皇皇后両陛下が被災者をお見舞いに行った際、両陛下が膝をついて話しかけているのに被災者はあぐらをかいていたそうです。これらの話については皆さんが何かを感じて下さい。
明日からは犬の話題にします。

Language »
error: Content is protected !!