36年目にして初めての経験

日付:2011年11月23日

今回の出産で花保音は4回目ですが、どうも今回は死産に始まり何か様子がおかしいです。今朝のことですが、花保音を出そうと綱を持って行ったところ、仔犬がグッタリしてミルクを吐き、便をしています。一瞬で花保音の下になり圧死したとわかりました。2匹しか残っていないのに・・・ショックで仔犬を動かしたり、撫でたり生き返らないか無理を承知でやっていました。
全く息もせず手遅れの状態でしたが、これが生命力でしょうか。口を開け必死に息をしようとしています。そのうちにグッタリしている身体に固さが戻りました。しかし口をパクパク動かし十分息は出来ないようですが、あとは私にできることはありませんので半分覚悟をしながら花保音を排便に連れて行きました。
15分後戻ってみたら口のパクパクは通常の様子になり2匹で寄り添っていました。日中何回も犬舎に行き確認を繰り返していましたが、お陰様で2部を終了した現在元気に花保音のお乳を飲んでいます。今日の出来事は36年目にして初めての経験でした。
諦めなくて本当に良かったと思っています。

秋田犬里親募集

秋田犬在舎犬情報

秋田犬ブログもっくんブログ

犬舎概要

お問い合わせ

本日:0023

昨日:0229

累計:0413595